ホーム > 院長ブログ

中島歯科 院長のブログ

2017年8月 1日
診療時間変更と休診日のご案内

10/27(金)11:30までの診療となります

10/28(土) 休診いたします

11/4(土) 休診いたします





2015年10月31日
詰め物の治療 選択 保険と自費?

 虫歯などで歯に凹みができてしまった場合には、機能を回復させるため、人工物などを用いて適切にもとの形を復元します。使う材料は、凹んでしまった形状、大きさ、深さによって決まります。
長持ちするもの、虫歯にならないものを希望されることは当然ですが、そのために一番大切なことは、虫歯になった原因を除去することです。
 すなわち、食事の習慣とブラッシングの習慣です。これらが適切でなければ何でもって修復しても再発します。

 その上で当院での選択肢は以下のようになります。

小さい虫歯(凹み)
治療するのであればコンボジットレジン(保険適応)

それより大きな虫歯(凹み)、正し神経の処置を伴わないもの
金属の詰め物(保険適応)
セラミックスの詰め物(自費)

金属の詰め物は、経済的で、詰め物自体の強度がありますが、再び虫歯が広がりやすい欠点があります。その点、セラミックスで行う治療は、自然な見た目であることと、金属成分の溶け出しリスクがなく安全であるといえます。

治療にあたって、どのような治療を選択するかは、充分にお話しを聞かれてからご自分で判断されることをお勧めします。多くの人がこうしているから、安いほうがいいからではなく、あなたご自身が5年後、10年後どのようでありたいのか、そのためには今どのような選択をするのが良いとお考えになるのか、そこが大切なところです。

2015年10月 2日
歯ぐきの炎症を抑えるには

歯周病になると歯ぐきに炎症が起きてしまうわけですが、その元々の原因は歯周病細菌の感染です。
歯周病の細菌がいなければ、いわゆる歯周病にはならないわけですが、どの程度の周病になるかには個人差もあります。
 個人の特質のほかに、その人の生活習慣も関係していて、喫煙、ストレスのほかに食事も挙げられています。
 炎症を促進すると考えられている脂質と炎症を抑制すると考えられている食事があります。
促進するのは、オメガ6といわれる油です。
抑制するのは、オメガ3といわれる油です。亜麻仁油、エゴマが代表です。青魚に含まれるDHA,EPAもここに含まれます。

ちなみにマーガリンはトランス脂肪酸と呼ばれていますが、これは摂らないに越したことのない油とのことです!

良質な油を適量摂ることで、過剰な炎症が抑えられ、歯周病の進行や発症が抑えられるといいですね。

2015年8月 2日
食事

歯や歯ぐきの健康を維持するためには
1)プラーク(歯垢)を除去すること
2)プラークをつきにくくすること
3)過度の炎症を引き起こさない環境を整える
が大切です。
1)のためには適切なブラッシングが必要です。
2)のためには、間食の回数、砂糖の摂取頻度が関係しています。
3)の過度の炎症を引き起こさないためには、バランスに配慮した油(脂質)の摂取があります。

具体的には亜麻仁油、エゴマやオリーブオイルなどを積極的に取ることです。亜麻仁油やエゴマにはオメガ3とよばれる脂質が多く含まれていますが、これらは体内で炎症を抑制する物質に変化すると考えられています。

2015年8月 1日
スタッフ募集

「歯科医療から持続可能な社会のあり方を追求し、自己を高め、社会に貢献する」との理念に共感してくださるスタッフを募集しています。関心のある方はお問い合わせください。kyujin.jpg
募集職種                        
歯科衛生士(正職員、パート)
歯科助手・受付(パート、正職員)

衛生士学校在籍(3年次)の学生さんの見学も受け付けております。
詳しくはお問い合わせください。

歯科助手・受付のアルバイト(パート)は学生さんも歓迎です!

連絡先
0742-44-0631
中島歯科

奈良 学園前 歯科医院 歯医者 中島歯科 小児歯科 インプラントの治療科目

  • 歯周病
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科(ホワイトニング)
  • 入れ歯(義歯)
  • 訪問歯科
  • 睡眠歯科)
  • 金属アレルギー(パッチテスト)
  • セレック治療

中島歯科について

〒631-0045
奈良県奈良市千代ヶ丘 1-3-1
TEL:0742-44-0631