ホーム > 矯正歯科

矯正歯科

当院が考える、矯正歯科とは?

当院が考える、矯正歯科とは? 歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなく、ものをきちんと噛む事が出来ない、
発音が上手く出来ないなどの問題が出てきます。

さらに、歯の清掃が隅々まで行き届かず、
むし歯や歯周病などの病気にかかりやすくなります。

お子様の場合、成長期にあたりますので、
顔の表情や骨格にまで影響が出る可能性があります。

矯正歯科とは、お口の中に専用の矯正装置を入れ、
ゆっくりと歯の位置を元通りにしていく治療
になります。

ただ歯並びを治し、口の中を正常にするだけではなく、
健康面と共に精神面の向上を目指す事が矯正治療の目的です。

矯正というと、歯に金属をつけるのが嫌だ…と思われる方も多いと思いますが、
最近では目立たないセラミックのブラケットや透明の矯正装置が普及してきています。
矯正にご興味のある方はスタッフまでお問い合わせください。

矯正治療の一期治療と二期治療について

●小児期の矯正治療(一期治療)
顎の成長量のコントロールとスペースの獲得を目的として行います。
軽度の叢生(乱杭歯)であれば、
一期治療のみで満足のいく結果が得られる場合もあります。

適切な時期に適切な装置を使用することにより、永久歯列の矯正治療(二期治療)で、
抜歯の必要がなくなるケースが増えます。

特に下の前歯4本が生えそろう時期にスペースが不足しているケースでは、
この時期に横幅を獲得しておくことが重要です。
この時期でも既に下あごの横幅は変えられないのですが、
歯の根っこ周囲の骨は若干横に広げることが可能です。

永久歯に生え替わってから下の歯の横幅を広げようとすると、骨が歯からはみ出してしまいます。
乳歯の奥歯が抜けて永久歯に変わる時期には、スペースの(再)評価が必要です。
生え替わりにともない、通常は大人の奥歯(6才臼歯、第一大臼歯)が少し前に移動するのですが、
スペースが不足しているケースでは6才臼歯を手前に移動させない装置を使用して
スペースの確保を行います。

歯並びが悪くなるような原因がある場合には、取り除くことが大切です。
頬杖をつく、唇を巻き込んで噛む、舌を出す、口でばかり息をしているなどの悪習癖があれば、
特に成長期では顎や顔面の形態に悪影響を与えますので早期の除去が必要です。
筋肉のトレーニングや、悪習癖を起こさせない装置の使用が望ましいこともあります。

上あごの幅が不足している場合には、以下のような装置を使用することもあります。
鼻閉気味の方に適応すると、鼻が通りやすくなる効果も期待できます。

上あごを拡げる図

アクアフレーム
下顎が後退している症例に
用いられる装置です。

二期治療と合わせるとトータルの期間は延びることになりますが、
患者さんの負担が軽減するとともに、
よりきれいで安定したかみ合わせが得られます。

当院では将来の歯並びの見通しを説明し、よく相談した上で治療を開始します。


永久歯列の矯正治療(二期治療)
永久歯が生えそろってから行う本格的な矯正治療です。
ティップエッジブラケットと呼ばれる特殊なブラケット(歯面に貼り付ける小さな矯正用の部品のこと)を
主に使用します。
このティップエッジブラケットを用いることにより歯に弱い力を持続的に加えることが可能となり、
治療期間の短縮や痛みが少ないという利点があります。

目立たない!アクアシステム

アクアフレーム アクアフレームと呼ばれる透明なプラスチックで行う矯正治療です。
主に軽度の叢生でスペースの不足量が大きくない症例に用いられます。
アクアフレームを常時お口の中に入れておくことで徐々に歯を動かします。
矯正の治療とあわせてホワイトニングをすることも可能です。

成人の小矯正

抜歯直後 矢印 矯正治療後
抜歯直後 抜歯直後
抜歯直後 抜歯直後

右上の奥歯(右上第二大臼歯)を抜歯したところに右上の親知らず(右上第三大臼歯)を移動させました。

このケースでは、歯の見えている部分の移動に約1ヶ月、根の移動に3ヶ月弱でした。

ブリッジより優れている点は、自分の歯を削らなくて良い点とカリエスリスクを減少させられる点です。
歯の根に過重な負担をさせない点もブリッジより優れいています。

このケースを従来のブリッジの治療で行う場合、治療期間は二ヶ月程度ですが、
多くの方にとっては一、二ヶ月の差は許容範囲ではないでしょうか?

奈良 学園前 歯科医院 歯医者 中島歯科 小児歯科 インプラントの治療科目

  • 歯周病
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科(ホワイトニング)
  • 入れ歯(義歯)
  • 訪問歯科
  • 睡眠歯科)
  • 金属アレルギー(パッチテスト)
  • セレック治療

中島歯科について

〒631-0045
奈良県奈良市千代ヶ丘 1-3-1
TEL:0742-44-0631