ホーム > 一般歯科

一般歯科

当院では健康で長生きするために、歯・歯ぐき・お口から何をすれば良いか考えた治療を行っています。

ムシ歯の負のスパイラル お口は消化器の入り口です。噛む機能の要は歯ですから、
当院では長期的視点から自分の歯を残すことを考えた
治療・予防処置を行います。

歯がなくなると、栄養のバランスを保つのに
苦労することになります。
あまり噛まなくてもよい炭水化物の摂取割合が増え、
メタボリックシンドロームにもかかりやすくなります。
ですから、より充実した生活をおくるために、
中島歯科では、できるだけご自分の歯を残すことを
念頭に置いています。
しかしながら、治療が手遅れの場合は、
歯を失うことにもなりかねません。
そのため虫歯や歯周病は、早めに治療を受けられることが
大切です。

痛いとき、しみる時、つめものが外れたときなど、
その場所だけとりあえず治して欲しい、といったご要望にも対応しております。
お気軽にご相談ください。

予防歯科について

予防歯科の目標は、ムシ歯や歯周病になりにくいお口の環境をつくることです。
ムシ歯や歯周病の治療をすることで、原因菌の数は減りますが、それだけでは
やがてまた削るといった治療が必要になります。
ムシ歯や歯周病になりやすい人は、なりやすい環境があるからです。
従来は「体質だから」と一言でいわれていたことですが、
お口の善玉菌の割合を増やすことで、ムシ歯、歯周病になりにくい環境に
変えることが可能になりました。
唾液検査などでお口の環境をお調べした上で、
除菌療法、生活習慣の改善を行いますと 、持続可能で快適なお口の環境が得られます。

むし歯について

ムシ歯の進度 むし歯は細菌の感染症です。

「むし歯の治療は削って詰めること」と考えがちですが、
それと同等以上に大切なことは口腔内の状態に合わせたブラッシングを続けることです。

悪くなったら治療するということの繰り返しでは詰め物の大きさがどんどん大きくなってしまいます。
(負のスパイラル)

むし歯と気づく前に、 歯科医院にかかることが大切です。

当院は、予防総合歯科医療の考えに基づき、
皆様の口腔内のトラブル(むし歯)の原因を十分に検査し、
その結果に基づいて治療を計画いたします。

そのため今まで受けてこられた治療よりも、時間がかかることがありますが、
それは皆様の口の健康を長く維持していくためのことであると、ご理解いただきたいと思います。

皆様のご希望に添える歯科治療ができるように、
努力してまいりますので、お気軽にご相談ください。

歯周病について

歯周病について

(1)歯周病とは
歯の表面に付着したばい菌の塊(歯垢)をそのままにしておくと、
歯の周りの歯肉に、炎症が起きてきます。
歯肉は色が赤くなり、ぶよぶよと腫れてきて、ちょっと歯ブラシがふれても
簡単に出血するようになります。
この状態が歯肉炎です。

この歯肉炎を放置しておくと、症状はさらに進み、歯を支えている骨(歯槽骨)が少しずつ溶け、歯はぐらぐら動くようになり、やがては抜けてしまいます(歯周炎)。

歯肉炎と歯周炎を合わせて歯周病といいます。

(2)40歳以上の歯の抜ける原因は歯周病です。
歯を失う原因としては、虫歯と歯周病によるものが大多数を占めていますが、
近年は歯周病によるものが増えています。

(3)毎日のケアが大切です。
歯周病の原因は歯ぐきの奥に潜む細菌です。
ブラッシングにより歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことで悪い細菌は減少します。
また、歯垢は時間とともに歯石に変化しますが、歯石は細菌の増殖を助けます。
ですから歯石を付きにくくする方法の一つは適切にブラッシングすることです。
磨くこととブラッシングは同じではありません。
どのように異なるのかについて、専門家の指導・アドバイスを受けられることをおすすめします。

定期的な予防処置(予防歯科)とは?

歯医者の仕事とは決して歯をたくさん削って、治療することではありません。

一番の仕事は皆様の歯を守ることにあると考えております。
むし歯の治療というのは、残念ながら歯を元の状態に再生していく事はできません。

人間の歯は残念ながら一生に一度しか生え変わりません。

むし歯や歯周病の原因を持つ口内環境を改善し、お口が若々しく機能が損なわれないよう、お口の環境を整えておく処置が、除菌方法や定期予防処置(予防歯科)です。

皆様の歯をできるだけ削らずに生涯に渡って、ご自分の歯を維持していけるように私たちがお手伝いをしていきます。

バイオフィルムって何?

バイオフィルムって何?

むし歯や歯周病は、バイオフィルムと呼ばれる
ヌメヌメした細菌の膜が歯の周囲にくっついていることでおこる
感染症です。

バイオフィルムは細菌と細菌がつくる多糖が複雑にからまった
強固な固まりです。

バイオフィルムは歯面や歯と歯肉の間の歯周ポケットに
付着するだけではなく、
舌の表面(口臭の原因となる舌苔)や入れ歯にも付着します。

また、歯の表面にくっついて大きく成長、
表面はフィルムでカバーされていて、
洗口剤も内部には効果がありません。
定期的に機械的な方法で破壊し除去する事(歯のクリーニング)が最も効果的です。

当院では、むし歯や歯周病の予防のため、
このバイオフィルムの定期的除去(P.M.T.C)をおすすめしております。

概ね3~4ヶ月に1度はすみずみまでクリーンアップするのが、
歯や歯肉の健康には一番の方法です。

ご来院によるP.M.T.Cも大切ですが、なんといっても「日頃のブラッシング」が大切です。

奈良 学園前 歯科医院 歯医者 中島歯科 小児歯科 インプラントの治療科目

  • 歯周病
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科(ホワイトニング)
  • 入れ歯(義歯)
  • 訪問歯科
  • 睡眠歯科)
  • 金属アレルギー(パッチテスト)
  • セレック治療

中島歯科について

〒631-0045
奈良県奈良市千代ヶ丘 1-3-1
TEL:0742-44-0631