ホーム > インプラント

インプラント

インプラントとは?

インプラント治療 インプラント治療とは、歯が抜けた部分に「インプラント」と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着して噛めるようにする治療です。

「インプラント(implant)」とは、
「埋める、植立する」ことを意味する言葉です。
整形外科の人工関節なども歯科のインプラントと同じく体内に埋め込むのでインプラントと呼ばれています。

過去には、貝殻や動物の骨などを使用して歯の代わりを作っていました。
また、最近まではサファイアなどの材料で研究が行われていましたが、1965年にブローネマルク博士が、チタンと骨が結合する検証を発見したことで現在の治療の基礎が確立されました。

現在では、純チタンまたはチタン合金でできた人工歯根を歯のなくなった部分の骨に埋め込みます。
その上に歯を作りますので、もう一度ご自分の歯が蘇るようなものです。
また、失った部分のみを治療する方法ですので他の歯に負担をかけることもありません。

人間は、虫歯や歯周病・事故などで永久歯を失うと、二度と永久歯は生えかわってきません。歯を失うことで、食べ物が良く噛めない、正しく発音できないなどの体の問題ばかりでなく、食事を楽しめない、人前で自然な笑顔が作れない、年老いて見えるなど心の問題と深く関っています。

インプラント治療なら、そんなお悩みを解決でき、天然歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことができます。
機能的・審美的に失った歯を取り戻すことのできる画期的な治療です。

当院で利用しているインプラントの種類

当院で利用しているインプラントの種類
インプラントの種類は多岐にわたります。
現在の主流はチタンを用いたシリンダータイプですが、
さまざまなインプラントメーカーがいろいろ工夫を凝らしています。
チタン表面の処理の仕方にも差があります。


当院では新商品で理にかなっている(ように思われる)という
理由のみで採用することはなく、
世界的に長期間にわたって評価されているものを使用しております。



軸ブレが少なく、
質の高いインプラント治療に力を発揮する
インプラント埋入用の機械です
世界には100社以上のインプラントメーカーが存在すると言われて
いますが、日本で手に入るのは30社ほどです。
10年以上の歴史を持つ主要なインプラントは10年後の生存率が
どれも95%を越えて安定した成績を持っています。

当医院でも以下のように数種類のシステムを、
患者さんの希望や骨の状態、かみ合わせの環境に合わせて
使い分けております。 



●カムログ
カムログの製造元であるカムログバイオテクノロジー社は
口腔インプラントと修復歯科分野のトータルシステムを製造し、
ヨーロッパやアメリカ、アジア各国など世界中に広く供給している
ドイツのメーカーです。25年に及ぶインプラントの臨床経験と
理論の下に研究が重ねられ、生体によりやさしく、審美性に優れた
システムとして1995年に開発されました。4種類のインプラント
(フィクスチャー)形状がラインナップされ、治療部位や骨の質などに
よって最適なタイプを選択することができます。



●ラボフュージュ300

ラボフュージュ300
PRP(多血漿板血漿)やPRF(多血漿板フィブリン)を精製する為の
遠心分離器です。 PRP、PRFには傷の治りを促進する因子が含まれており、インプラント手術などに用います。通常の抜歯の際に用いることもあります。PRP、PRFを用いることによって、インプラント治療時の骨再生を促進し、
術後の腫れ、痛みを抑えて治りが促進されます。
また、自己由来の血液成分ですので、感染の危険性がなく安全です。


インプラント治療の流れ

(STEP1)診査・診断   (STEP1)カウンセリングと検査
質問表にご記入いただき、検査とカウンセリングを行います。
歯を失った状況や、インプラントでどういった回復を求めているかを伺います。
また、インプラントについての説明や治療の流れを説明し、患者さんのインプラント治療に対する理解を深めます。

検査については、全体の咬み合わせをみるために歯形をとり、模型を作ります。また、咬み合わせを再現する機械(咬合器)にその模型を取り付けて、咬み合わせのチェックをします。

そして、診断用のレントゲンをとります。
骨の幅といった、もっと詳しい状態を把握するために、CTの撮影もお願いしております。 


(STEP2)診断に基づいた治療計画の説明
初診での検査資料を元に診断し、より詳しい治療計画のご説明をします。

必要に応じて、ワックスで最終的な被せ物を作った模型を用いて治療計画の説明をします。
皆様が私どもの提示した治療計画を確かに理解されてから治療を開始します。


(STEP3)予防歯科治療と虫歯や歯周病の治療
他の歯に虫歯があったり歯周病にかかっていると、すぐにはインプラント治療はできません。

もちろん、お口の中のプラークの質が悪いとインプラントに感染が起こって失敗しやすくなります。
そこでまず予防歯科です。
口の中全体を考えて、インプラント治療をしていかないと、失敗をまねきます。
その上で周囲の歯の虫歯治療や歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。
また、骨量が不足している方には骨の再生治療を行います。


(STEP4)インプラントの埋入手術

人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋め込みます。

手術方法は、一回法と二回法の二種類があります。
どちらを選択するかは、お口の中の状態によってよりよい方法を選択することになります。

(STEP3)インプラント手術


(STEP5)インプラントと骨が結合するのを待ちます - 治癒期間

(STEP4)インプラントと骨が結合するのを待ちます

埋入したインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。

骨の状態や治療部位によって異なりますが一ヶ月から六ヶ月ほど待ちます。
なお、この期間中は仮歯または、仮入れ歯を入れることができるので、日常生活には支障がありません。

また、イミディエートロード(即時負荷)という、インプラントを埋入した日にインプラントの上にレジンという樹脂で仮歯を作り噛むことも可能になりました。

ただし、これはその埋入する部位の骨量、骨密度、本数、埋入時の初期固定の強さなどによって、できる場合とできない場合があります。


(STEP6)上部構造のセット

二回法の場合は、簡単な外科手術で歯肉を切開し、アバットメントと連結し、お口の中に歯の土台を作ります。それから、上部構造の制作を開始します。

一回法の場合は、、骨との結合が確認され次第、上部構造の制作を開始します。上部構造が出来上がったら、かみ合わせのチェックなどを行います。


(STEP7)定期健診

(STEP5)人口の歯の装着

3ヶ月から6ヶ月に一回のペースでメンテナンスを行います。

専門的な予防処置と検査を行います。これは、インプラントの部分だけではなく、他の歯についても行います。

メンテナンスは、お口全体の健康状態をずっと維持するために行うものです。

インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療のメリットとして、以下のような点が上げられます。

1、自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができる!
インプラント治療は天然歯の状態の80%近くまで噛む力が回復するといわれています。
自分の歯と同じように何でも噛め、食事などの不自由さから解放されるのです。
噛む力だけでいえば、総入れ歯の場合は健康な時の20%まで機能を回復できれば良いほうといわれています。
インプラント治療は歯だけでなく、失った歯根まで再生するわけですから、
歯を失う前と同様に何でも噛めることが期待できます。

2、見た目が自分の歯と同じように、きれい!
見た目が自分の歯とほとんど同じようにキレイに仕上がり、審美的にも優れています。
そのため前歯部にも対応できます。
歯は、1本失うだけでも審美性が崩れ、身体全体のバランスにも悪影響を及ぼしてしまいます。
従来の治療法である入れ歯では金具がみえてしまったり、審美性という観点からは多くは期待できませんでしたが、
インプラントにおいてはそのような問題を解決することが出来ます。

3、周りの歯を傷つけない!(残っている歯を削らない)
インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療しますから、ブリッジのように両隣の健康な歯まで
傷つけてしまうこともありません。
両隣の健康な歯まで削ってしまうと、その健康な歯までむし歯になってしまう可能性が高くなります。
健康な歯は、健康の歯のまま残したいという方にインプラントは最適な治療法です。

4、食事が楽しめる!
入れ歯では、横揺れしたり、噛んだときに沈んだりしますし、また味覚が低下することもあります。
インプラント治療は、自分の歯とほとんど同じ状態になりますので、心配はありません。

5、違和感がない!
インプラント治療は、人工歯根を完全に固定してしまう治療ですので、入れ歯があわず口の中が痛い、
違和感があるということもありません。

6、話しやすい!
入れ歯などは、上あごを覆うことにより舌の動きが制限され、会話がしにくくなることがあります。
歯根から機能を回復させるインプラント治療では、そのようなことはまずありません。

インプラント治療のデメリットとして、以下のような点が上げられます。

1、費用がかかる
インプラント治療は、健康保険の適用外の治療ですので、全額自己負担です。
インプラント治療に必要な高度な診断にはコストが伴います。
また、医療機器、材料なども高価なものが多いため、治療費はやや高額となります。
もちろん、インプラントの治療費は、、医療費控除などの対象となります。

2、時間がかかる
インプラント治療には、厳密な検査・診断、それに伴う治療計画が必要不可欠です。
また、インプラントは埋入手術をしてから、完全に骨と結合するまでに2〜6ヶ月かかります。
その間じっくりと待たなくてはいけません。しかし、最近では手術当日に歯を入れる方法があります。
さまざまな条件がありますので、詳しくは担当の歯科医師にご相談してみてください。

3、治療のできる人とできない人がいる
糖尿病・心臓疾患・脳疾患・悪性腫瘍などの全身疾患の方、コントロールされていない循環器疾患などで、
その病気の状態によって手術に危険をともなう恐れがあるときは治療ができないことがあります。
糖尿病の場合、細菌の浸入に対して抵抗力が落ちるため、治療後に歯周病になる確率が高くなりますが、
糖のコントロールができていれば治療は可能です。
※主治医によく相談される事をお勧めいたします。

当院で行ったインプラント治療症例

右上を一本抜歯の後、 3本インプラントを用いた治療をおこなっています。
かぶせ物は白いものを選択することも可能です。

奈良 学園前 歯科医院 歯医者 中島歯科 小児歯科 インプラントの治療科目

  • 歯周病
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科(ホワイトニング)
  • 入れ歯(義歯)
  • 訪問歯科
  • 睡眠歯科)
  • 金属アレルギー(パッチテスト)
  • セレック治療

中島歯科について

〒631-0045
奈良県奈良市千代ヶ丘 1-3-1
TEL:0742-44-0631